カラー・パーマをした当日はシャンプーしてもいい?その時に気をつけること

カラー・パーマをした当日はシャンプーしてもいい?その時に気をつけること


さいたま・浦和Maison(メゾン)の美容師小原です。

お客様によく聞かれるので、改めて記事にまとめておこうと思い書きます。

今回は

「カラー(パーマ)した当日って、シャンプーしてもいいんですか?」

という疑問。

確かに気になりますよね。

▼目次

    1. カラー・パーマをした日シャンプーしてもいいの?
    2. カラー(パーマ)した当日は、シャンプーしないほうがいい
    3. シャンプーしてもいい
    4. まとめ

 

1.カラー・パーマをした日はシャンプーしてもいいの?

先に小原の見解を述べておきますと

「カラー(パーマ)した当日は、なるべくシャンプーしないほうがいい」

です。ただ

「シャンプーしてもいい」

とも思ってます。

??????

え、どっち?どういう意味?はっきりしろよおい

と思った貴方。

この理由は後で説明したいと思います。

 

2.カラー(パーマ)した当日は、シャンプーしないほうがいい

カラー(パーマ)した当日はシャンプーをしないほうがいい

理由についてです。

カラーした当日は髪に定着しきっていないようで、濡れたりすることで色が流出してしまうリスクがあるんですね。

シャンプーの洗浄成分で、カラーリングの色素は少なからず落ちてしまいます。

また、熱いお湯で流すことも、色落ちを早めます。

普段より少しぬるま湯(37~38℃)くらいを目安に優しく流してあげましょう。

カラーの色を少しでも長持ちさせたい方は、カラー当日のシャンプーは控える。

もしくは、仕上がりの色を濃くして、退色するのを前提にカラーしてもらうようにしましょう。

▲目次にもどる

 

3.「シャンプーしてもいい」

ただ、LINE@で質問されたこの方の時は

「シャンプーして大丈夫ですよ!」

と答えています。

なぜ、この場合「シャンプーしても大丈夫ですよ」と答えたのか。

このお客様のケースでは

「サロン後に予定があったので、アイロンで巻いたあとスタイリング剤をつけた」

からです。

あまりベタつくスタイリング剤ではなかったですが、やはり気になるところですよね。

自分もカラーした日の仕上げにワックスつけたりしますが、さすがにシャンプーします。

まくらがベタつくのイヤですから。笑

ただ、そういう場合は

カラー専用シャンプーやアミノ酸系などのシャンプーなどを使うことで、色持ちをよくできます。

洗浄力の強いシャンプー(市販品に多い)で洗うと、色落ちを加速させるので注意。

ぬるま湯(37~38℃)で流し、シャンプーもあまりゴシゴシと流し過ぎないようにしましょう。

あとは、

抜けることを前提に濃いめのカラーを入れてもらって、退色を想定したカラーしてもらう

というのも一つです。

▲目次にもどる

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  1. カラーした当日は髪に定着しきっていないようで、濡れたりすることで色が抜けやすくなるので注意。
  2. また、熱いお湯で流すことも、色落ちを早めるので、普段より少しぬるま湯(37~38℃)くらいを目安に優しく流してあげる。
  3. カラーの色を少しでも長持ちさせたい方は、カラー当日のシャンプーは控える。
  4. 抜けやすい人や、色持ちを長くしたい人は、仕上がりの色を濃くして、退色するのを前提にカラーしてもらうようにする。
  5. シャンプーする場合、洗浄力の強いシャンプーなどで洗うと色落ちを加速させるので、カラー専用シャンプーやアミノ酸系などのシャンプーを使う。ゴシゴシ洗いすぎて負担をかけないようにする。

以上のことを気をつけてみてくださいね!

神経質になりすぎる必要はないですが、少しの意識でカラーの持ちもかわってきますので、ご参考ください!

目次にもどる

 

小原ってどんな人?

自己紹介はコチラ

 

小原のLINE【美容師アカウント】から、予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます。
03-3412-1769

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。