【悩み相談】そのカラーはブリーチなしでできる?それともブリーチが必要?

【悩み相談】そのカラーはブリーチなしでできる?それともブリーチが必要?


どうも、さいたま・浦和Maison(メゾン)の美容師小原です。

最近は公式LINE@から予約だけでなく

カラーのご相談されることもしばしば。

特に聞かれることは

ブリーチが必要なカラーか・ブリーチなしでできるカラーか

よくこういうご相談を多くいただくので、まとめてみようと思います。

「はじめまして!髪色について調べていて今日初めて小原さんのブログを拝見しました。

私はまだ一回も自毛を染めたことがないんですけど、ブリーチなしでアッシュ(ペールラベンダー)のような色は入るんでしょうか?

あまり髪についての知識がないので出来れば詳しく教えていただけるとありがたいです。長文失礼しました。」

小原
「初めてのカラーなのですね。ブリーチなしでやる件ということですね!

ペールトーンほどの透明感は出づらいかもしれませんが、ブリーチなしでも近づけれると思います。

髪の状態とも相談しないとですが。

やはりブリーチすると髪に負担がかかるので、ブリーチせずにしていく場合何回も重ねて作っていくイメージだとかなりキレイになっていくと思いますよ。」

小原
「黄色のまるで囲ったのですとブリーチしないと出づらいですね。左の丸でしたら、かなり近づけれるかと思います。オレンジの丸でしたらブリーチなしでも大丈夫だと思いますよ」

「髪の状態は細くてくせ毛っぽいです!わかりました。また考えてみます!ちなみにブリーチなしのグレージュはむずかしいでしょうか?」
小原
「細くてくせ毛っぽい毛質でしたら、暗めのグレージュの感じでしたら出せると思いますよ」
「わかりました!初の髪染め楽しみたいと思います」
小原
「はい、楽しんでくださいね」
「あの度々すみません。スケルトングレーの明るめでブリーチせずに染める場合どんな色になるでしょうか?」

「こんな感じにしたいです!」
小原
「ブリーチしない場合はこんなイメージですかね。」

小原
「これでもかなりキレイに染まってる方です。地毛が黒だともう少し濁った感じですね。」
「自分地毛がこげ茶です!大人っぽい色ですね。どの色も可愛くてすごく悩みます。深夜に失礼しました!」
小原
「そうですね、黒から入れると大人っぽい感じかもですね。いえいえ、とんでもございません。」
ありがとうございました!グレー系で頼んでみようと思います!」
小原
「はい、カラー楽しんでくださいね」
「ありがとうございました。」

 

一連の流れでした。

やはりいただいた画像のような

「透明感がかなりあるハイトーンカラー」はブリーチが必要となってきます。

例えばブリーチが必要なカラーは

このくらいのグレージュや

このくらいのネイビーは、ブリーチをしている毛にカラーしたものです。

やはりブリーチしている分、色味や透明感が違います。

 

逆にブリーチなしでもできるカラーは

こちらのグレーアッシュや

こちらのネイビーアッシュは

地毛の黒髪から、二回のご来店でここまでのクオリティに。

「暗めだけど透明感あるカラー」ですと、ブリーチしなくても良い場合が多いです。

 

あなたが一番に求めるのはなにか?

  • とにかく自分の求めるきれいなカラーにしたい→ブリーチ推奨
  • なるべく傷めたくはないけど、きれいなカラーに憧れる→ブリーチなし

ブリーチしないでキレイな色を出すのが、多くの人の理想だと思いますが

人それぞれ毛質が違うように、その人の毛質によって色の出方も違ってきます。

ですので、ブリーチしない場合は

できるだけ希望のカラーに近づけていく。

そして、それを何回か繰り返すこと。

次回やるカラーとのスパンが短いほど、色のクオリティは高まります。

色が残っているときに色を重ねる作業をするわけなので。

 

一回で理想のカラーにできる人もいれば、数回やってようやく理想になる人もいます。

この辺も頭に入れていただけたら。

 

LINE@からご相談いただいたヘアカラーはこの辺をご参考ください。

基本的に小原は、ブリーチしないアプローチでカラーするお客様が多いですね。

ご相談下さい。

 

小原ってどんな人?

自己紹介はコチラ

 

小原のLINE【美容師アカウント】から、予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

さいたま・浦和でやってます!

予約はこちらの電話からも承ってます。
048-789-7997

 

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。