【梅雨のクセ毛・広がり対策に朗報】ホットブラシ「ブラスティー」が便利過ぎてヤバい

【梅雨のクセ毛・広がり対策に朗報】ホットブラシ「ブラスティー」が便利過ぎてヤバい


 

さいたま・浦和Maison(メゾン)の美容師小原です。

くせ毛でうねる・パサパサしていて髪がまとまらない

そんな方は少なくないかと思います。

いや、日本人は3人に1人はくせ毛と言われてるくらいなので

悩める子羊さんは「多い」と言っても過言ではないのかも。

というわけで、そんなクセ毛が気になる方に

[朗報]

救世主降臨です。

噂の

ホットブローブラシ 「ブラスティー」

ヘアアイロンなどで有名な「クレイツ」という会社から出ました。

四月に発売後、全国の美容室で完売続出の噂のすごいやつ。

(2017年5月中旬現在、全国でも在庫欠品が相次いでいるそう)

ブラッシング感覚で使えるヘアアイロンで

誰でも簡単!!ナチュラルストレートヘアに。

ということです。

開封キタコレ

「やけど注意」

のシールの存在感が気になりますが

確かにこのパッド部分、結構熱いので注意。

3つボタンがあり、上から

  • 設定温度を10℃上げる
  • 設定温度を10℃下げる
  • 電源スイッチ(ON/OFF)

となってます。

ちなみに、電源スイッチを2回連続で押すと

温度調節ボタンの誤作動を防止するロックがかかる設定。

もう2回連続で押すと解除されます。

ディスプレイは温度表示がデジタル。

こんな感じで温度が上がっていきます。

セラミックヒーター効果があり

温度上昇は早く、スタイリング中の温度の落ち込みを抑える働きも。

温度の高低がわかりやすい。 #クレイツ #美容 #ブラスティー

小原 孝則さん(@kohara_salonwork)がシェアした投稿 –

温度は

「80℃〜210℃」

の間で設定可能。

各温度まで、どのくらい時間がかかるか実際に測ったところ

  • 80℃までが30秒
  • 130℃まで1分
  • 180℃まで1分半
  • 210℃まで2分

かかります。(室温など、環境によって時間は変わる可能性あるかも?)

裏面。(いや、こっちが表か?)

ポイントはこのブラシ部分

こんな感じになってるんですが

赤い部分(イオンセラミック加工)が熱くなり

黄色部分(ナイロンピンとクッションキャップ)は熱が入らない仕様なので、頭皮に沿ってブラッシングしても

基本的には熱くないように作られています。

さて、このブラスティー。

どれくらい効果を発揮してくれるのか検証してみます。

こちらは、パーマがかかってる人形ちゃん。

(実際に何人かのお客様に使用していただいて、かなり喜んでいただきました。模様を動画にしたかったのですが、時間なく撮れなかったんですねぇ、残念。)

というわけで、東京チャームちゃんヨロシク

使い方含めて

いざ、検証。

見ての通り、なかなかのウェーブ

 

パーマネント。

このうねりを

ブラスティー

がどう解消してくれるのか。

このうねりが・・・

 

結果は、こちらの動画をご覧ください。

 

すげー伸びる #クレイツ #美容 #ブラスティー

小原 孝則さん(@kohara_salonwork)がシェアした投稿 –

どやっ。

数回梳かしただけ。

こんな感じの使い方で

結構なクセも

どれどれ

のびーる #クレイツ #美容 #ブラスティー

小原 孝則さん(@kohara_salonwork)がシェアした投稿 –

うおおおおおおおおお

伸びるわ伸びるわ

思わず笑ってしまったスタッフの面々。

逆サイドもご覧の通り

(サイドにスライドして比較してください)

 

耳より前を、たった4回ブラッシングした状態。

ものの30秒足らずでこんなんなるとは。

半分で比較すると一目瞭然

これはすごい。

でも、値段高そう

最近はドライヤーはじめ、高額美容家電多いし

でも

このブラスティーの値段はなんと

9800円(税抜)

これ、結構お客様にびっくりされます。

日頃のセットに苦しんでる人には

かなり価値のあるものだと考えると安く感じる値段設定(小原も驚き)

ただ

細かい顔まわりのクセ毛や、短い毛のクセを伸ばすのには不向きかも。

あとは、この写真で見るとわかるように、ザッと梳かすだけだと根本のクセ伸びないので

根本まで伸ばすには、コツがいるので慣れが必要。

 

もうすぐ訪れる

「梅雨」

それは

くせ毛人にとって、厄介極まりない季節。

そもそも梅雨に髪の毛がまとまりづらい人というのは

  • 元々、髪質がくせっ毛で乾燥しやすい人
  • 髪がダメージしている人

そして、「なぜ髪が傷んでしまった人はまとまりづらくなるのか」というと

  1. ダメージした髪のキューティクルが剥がれる
  2. 毛髪内部の水分・油分・タンパク質などの栄養が流出
  3. 中身が出て「乾燥している髪」は、湿気(水分)を吸ってしまい、髪が広がったりうねりやすくなる。

髪のダメージからまとまりづらい原因が生まれているケースは多いかと思います。

 

そこを解消していくのは

トリートメントだったりするわけですが

それでも、完璧にまとまるようになるかと言ったら、そういうわけにもいかない…

そんな時に、ストレートアイロンと並んで

このブラスティーは便利アイテムになりそうです。

 

まとめ

どうですかね、ブラスティー

小原が感じたメリット・デメリット。

メリット

  1. 日頃の生活でも、時短で手間が減りそう
  2. 梳かすだけでまとまるツヤが出る
  3. 自宅でも自分でしやすく、髪を整えるのに楽そう
  4. 値段がそれなりにお手頃。
  5. ストレートアイロンほど火傷しなそう

デメリット

  1. 短い毛のクセを伸ばすのには不向き(ミディアムより短いとやりづらいかも)
  2. 顔まわりなどの細かいクセ毛・根元のクセを伸ばすのに、少々コツがいる
  3. 火傷のリスク少なそうとはいえ、熱い部分あるので注意

ブラスティーの上手な使い方。

ある程度クセが強くても結構伸びる。(ただし、その際は温度設定は160℃以上が良さそう。)

「毛質や状態によっての温度の目安」

  • 軟毛・細毛・ダメージ大    →80〜140℃
  • 普通毛・ややダメージ・くせ毛 →140〜160℃
  • 硬毛・太毛・くせ毛強     →160℃〜210℃

うまく伸びなかったり、まとまらなかった場合は

  • 再度ブラシを通す
  • ゆっくりブラシを通す
  • ブラシを通す毛を細かくとって通す

これを意識すると綺麗にまとまります。

とは言っても、過度なブラッシングや高温使用を多用するのはダメージの原因になりそうなので注意。

※注意

  • 長時間のアイロン操作・5秒以上同じ部位にアイロンを当て続けないように使うように。
  • パッドは熱い部分があるので、火傷しないよう慎重に扱うように。

 

道具の進化も止まらないですね。

実際、自分でやりやすいと、お客様からかなり評判なので太鼓判と言って差し支えなしかと。

 

全国のすんごい美容師さん方もこぞって絶賛

 

これを見て使ってみたくなってしまったのは私だけではないはずw

手軽に使えるブラスティーは便利アイテムですね。

実際に使ってみた方のリアルな感想はコチラ

 

よりハイクオリティを求める方はこちらもオススメ

 

Maison(メゾン)で取り扱っております。

興味ある方・購入希望の方は、下のLINE@からご連絡ください。

 

 

小原ってどんな人?

自己紹介はコチラ

 

小原のLINE【美容師アカウント】から、予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

さいたま・浦和でやってます!

予約はこちらの電話からも承ってます。
048-789-7997

 

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。