【ヘアカラーの疑問】ヘアマニキュアで地毛から明るくしたり、アッシュにできる?

【ヘアカラーの疑問】ヘアマニキュアで地毛から明るくしたり、アッシュにできる?


美容師小原です。

今回はヘアカラーの疑問

「ヘアマニキュアで明るくできる?アッシュに染めれる?」

つい先日、LINE@でご相談をいただきました。

「こんばんわ!ちょっとご相談なのですが、ヘアマニキュアでアッシュブラウンは可能なのでしょうか?」
小原
「こんばんは!現在の色によりますが、マニキュアですと少し難しいのかなと思います」
「そーなんですね!髪を染めること自体初めてなのでよくわからなくて。では、ヘアマニキュアでも明るい色に染めることは可能ですか?」

小原
「初めてですと地毛ということですもんね、それは難しいです。 マニキュアは明るくする力はないんですよ。
「そーなんですか!?教えていただきありがとうございます。ブリーチはしたくないんですけど、どうしたら明るい色にできますか??」

小原
「カラー剤でアッシュブラウンにすると良いと思いますよ。毛質よって一度目だと思う色にはなりにくいかもしれませんが!
「なるほど!では、それで美容院でやってもらうことにします!相談に乗っていただきありがとうございます!!」
小原
「はい、是非!初カラーが素敵なカラーになりますように
ありがとうございます」

という流れでした。

 

そもそもヘアマニキュアって?

ヘアマニキュアは酸性カラーと呼ばれ、通常のヘアカラーと違い髪の内部には浸透せず

髪の表面と表面に近い内部に染料が付き、髪をコーティングするカラー剤のこと。

ヘアマニキュアはメラニン色素を分解しないので

白髪や明るい状態の髪にしかマニキュアの色は感じれません。

いわゆるカラー剤というのは髪の内部に働きかけるので色持ちする一方

マニキュアは表面付近に働きかける染料なので、カラー剤よりも早く色落ちしていきます。

というわけで、返答を書きましたが

地毛(日本人でいう黒髪)にはマニキュアの色は感じれないということです。

髪の毛の色も明るくする力はありません。

 

まとめ

通常のヘアカラー

  • 薬剤が髪の内部まで浸透するので、色持ちがいい
  • 内部に浸透させる部分、負担をかけるのでダメージを伴う

ヘアマニキュア

  • 薬剤は髪の表面(表面に近い内側まで)に付着させるので、色落ちしやすい
  • 内側まで浸透させないので、ダメージはほぼないに等しい
  • むしろ、コーティングするイメージなので保護効果がある
  • 黒髪に使っても、ほんのり色を感じる程度にしか色を感じない

いかがでしたでしょうか?

ヘアカラーとマニキュアの違いも交えて書きましたが

髪の状態によってできるカラー・できないカラーというのがあるので

やはり美容師さんに相談してみるのが間違いないかと思います。

 

小原ってどんな人?

自己紹介はコチラ

 

小原のLINE【美容師アカウント】から、予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます。
03-3412-1769

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。