『ありがとう』ってコトバを考える


「ありがとう」

美容師という職業柄ということもあり、日頃最も使ったり聞くコトバなのかもしれない。

美容師という仕事は多くの場合

「ありがとう」

と言っていただいた上に、お金もいただく言わば特異な仕事の一つ。

 

言われ慣れるということは無く、常にそのコトバを貰うことで

元気になり、嬉しく思い、時に感激する。

 

当たり前を当たり前と思わず、持っておかなければいけない意識。

そんな 「ありがとう」 をめぐって少し考えさせられる事があった。

昨日の帰り道にコンビニに寄った時の話

おでんでも食うか、と思い近所のセ○ンイレ○ンに。

レジに並んでいると、カートを押してコンビニに入ろうとするおばあさんが見える。

しかし、カートが邪魔で入りにくそう。

とっさに仕事のクセというか、勝手に体が動いていて、ドアを開けてあげた(偽善者か!とかのツッコミやめてください笑

それに対し

「ふぅ。なんとか入れたわ」

 

(あれ、別にお礼言われたくてやったわけじゃないけど・・・でもなんだか)

と、釈然としない心境に(苦笑)

(普段、ありがとうをお客さまなどから言っていただけてるだけに、余計にそう感じたのかな・・・)

たった一言が「ある」のと「ない」のでは、印象はとても変わるんだなーと。

 

自分はあのようになりたくないと思ったので

反面教師にして、今まで以上にやっていこうと思った出来事でした。

 

挨拶・お礼

簡単なことだけど、意外と難しい。

照れくさかったり、恥ずかしかったりすると言えないものだ。

 

例えば、いつも晩飯作ってくれる母(妻)がいたら、言ってみたらいいかもしれない。

『ごちそうさま、いつも美味しい料理ありがとう。』

こんなあらたまって言わなくとも、さらっと言葉にすることでいかに相手が喜んでくれるか、相手が救われるか。

例えば、いつも叱ってばかりの職場の部下が、仕事でいい働きをしてくれた時に

『○○のおかげで、今回のプロジェクトうまくいったよ。ありがとうな。』

上司のプライド・威厳。あると思います。

しかし、こういう一言が

場や関係をスムーズにする潤滑油の役割を果たすのだろう

と思います。(今の時代性を考えると、よりそう思います)

そしてそれは、感謝を伝えるだけでなく、相手に力を与えてくれるコトバなのかなと。

 

というわけで

 読んでいただいて“ありがとうございます”

お後がよろしいようで。

 

小原孝則

Twitter@gen0ra

Facebook小原孝則
MORIO FROM LONDON 三軒茶屋 ホームページ http://morio1990.com/

LINEでのカウンセリング、予約も承っています。
LINEでの予約や相談はこちら

 

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。