【美容師土日休み】初めて日曜休み取ったら、二十歳のときの別れ話を思い出した。

【美容師土日休み】初めて日曜休み取ったら、二十歳のときの別れ話を思い出した。


 

タイトルの通り日曜休みいただいてました。

正確に言うと冠婚葬祭の時に、土日も休ませてもらったりしたのですが

それ以外で休んだのはおそらく初めて。

(祝日が火曜日と重なった休みはあった)

というわけで、家族でお祭りに行きました。

休日に人がたくさんいることに慣れていないので、いつもドギマギしてしまいます。

息子氏を肩車してたらこんな感じになってた模様。

美容師と言いますと

「世間様が休みの時こそ働く時。」

まぁ当然です、その時に人が集まるんですから。

(美容師に限らずサービス業全般はそうだと思います。)

そう教えられ育ちました。

(いやー、人がすごいのなんの。)

一度帰って夜にサクッといったらやはり混雑。

お祭りのパワーもあるけど、やはり人混みすごい・・・

 

現在の自分(Maison)の美容師のスタンスが

「土日でないとお客様がたくさん来ない」

というわけではなく…

「平日と土日が変わらない」

というのも、ほとんどマンツーマンの形でやらせていただいているので

結局対応できる人数が限られている。

 

アシスタントがいて、何人も掛け持ちできるやり方であれば

土日にたくさんの方を施術させていただけるわけですが

今はそういうやり方ではなく。

土日にしか来れないお客様には申し訳ないとは思うのですが、毎週休むわけではないので、

今は普通に土日も休みいただくことにしてます。

 

思い返すと二十歳の時。

夏の日の中目黒。

夕方になって涼しくなってきた目黒川沿いの出来事。

当時付き合っていた彼女と数年経っていて、ふと将来の話に。

 

「結婚したら家族の時間を大切にしたい」という考えだった彼女。

「美容師である以上、土日は休めない」という考えだった自分。

 

美容師一年目でお金がまるでなかった自分に、結婚まで考える余裕なかったですが

当時の彼女は、そこまで考えていた。

彼女の家庭がそういった環境だったので

「私もそういう家庭を築きたい」

という想いが強かったんでしょう。

翻って自分は

「土日休めない美容師という職業上、家族の時間なんて作れない。」

と、第三者的に聞いたら、少し冷めた感じにも映る考え。

今思えば、その時間を作るための建設的な考えをするべきだったのでしょうが

当時の自分に、そんな余裕はありませんでした。

 

間の話は割愛しますが

結果的に

「じゃあ…別れようか」

と。

将来のことだけが理由ではなかったですが、話の流れでそのまま別れることに

二人の間にあった将来像と現実の乖離。

 

土日休みに家族で楽しい時間を過ごしたことで、そんなことをふと思い出しました。

ちなみに

別れた彼女とはその後復縁して、それが今の妻なのですけどね。笑

 

家族の時間を大切にしたいという妻の希望に対して

少しでも応えれるようになってきているので嬉しく思います。

お祭りでは弟夫婦とも過ごせたし、良い時間でした。

 

しっかり働いて、休むときは休む。

メリハリつけて働かせてもらってます。

土日も休める環境。

ボーナスもあります。

何より美容師としてのやり甲斐を感じれること。

本人次第だとは思いますが、今までとは違った美容師の働き方・環境をうちのオーナーは整えてくれてます。

というわけで求人の話を最後に。笑

現在、一緒に働くスタッフを募集しているので、気になった方は是非下のページから見てみてください。

 

 

 

(マンツーマンでやっていると上限が決まってきてしまいますが、そうならないように今は色々と考えています。今後のMaisonが楽しみです。)

 

小原ってどんな人?

自己紹介はコチラ

 

小原のLINE【美容師アカウント】から、予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

さいたま・浦和でやってます!

予約はこちらの電話からも承ってます。
048-789-7997

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。