ヘアカラーによる肌トラブルに思うこと

ヘアカラーによる肌トラブルに思うこと


 

毛染めで皮膚トラブル相次ぐ 定期的なパッチテストが必要

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151023-00000478-fnn-soci

というニュースが!

以下、上の記事から引用

ドラッグストアの店頭に並ぶ、さまざまな色やタイプの毛染め。
髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする毛染めは、年代や性別を問わず広く使われている。
こうした中、消費者安全調査委員会は23日午後、「毛染めによるアレルギーのリスクについて、正しい知識が消費者に十分伝わっておらず…」と発表した。
ヘアカラーリング剤の中でも、ヘアカラーや白染めなどの医薬部外品の染毛剤による皮膚障害について、消費者安全調査委員会が報告書をまとめた。
消費者庁の毛染めによるアレルギー症状を写した写真によると、頭部から顔面、耳の後ろ、首などに、湿しんやかぶれが見られる。
消費者庁には、2010年度以降のおよそ5年間で、1,000件を超える被害相談が寄せられ、そのうち、およそ170件は、1カ月以上の重症だった。

 

むむむ。

以前、こんな記事を書かせていただきましたが

【なるほど!】市販カラーと美容室でするカラーの違い | Takanori Kohara

http://takanori-kohara.tokyo/archives/1441
fotor_142080976611798

市販カラーでここまでの被害が起こっていたとは知らず・・・。

こういった被害の考え方として、どうしても市販カラー剤が良くない、という着目しがちだと思いますが、それ以外の要素も考えられます。

例えば・・・

薬が、その人の肌に合う・合わない

ってのもあるでしょうし

カラーをする時の体調もあると思います。

「今日カラーが少ししみます」

というお客様がたまにいらっしゃいますが

あとあと聞くと、睡眠不足だったり、体調が思わしくないお客様だったりすることが結構あります。

a422d1bfe814995dc43dfbc6760c5764_s

市販のカラーは誰でもしっかり染めれるよう、薬のパワーが強い傾向が強く、それをなんとなく塗ってなんとなく時間置いて…とやってしまうと、トラブルのリスクが確かに高まりそうです。

肌が弱い方や、こういったトラブルを少しでも軽減したい方は

”体調が良いときにヘアカラーをやる”というのも一つの手段なのかなと思います。

皮膚トラブルの相談は、専門家は皮膚科の先生に聞くのが一番かと思います。

そうなったとき、皮膚科の先生は

「カラーはしないでください」

と言うかと思いますが・・・。

7148858daee34f2ebeafea8ee7ce4f72_s

それでもカラーしたい方は、その他対策など美容師さんに提言してもらえるかと思います。

相談してみてはいかがでしょうか?

(例えば、肌につかないギリギリを塗る技術・自分でやる際の薬の塗布の順番など)

 

もちろん小原もご相談に乗りますので、そういった方はご連絡ください。

 

LINEでの予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。