カラーもしたいけどパーマもしたい・・・そういう時はどうしたらいい?

カラーもしたいけどパーマもしたい・・・そういう時はどうしたらいい?


春風を感じれるようになり、暖かくなってきた今日この頃。

春は季節の変わり目というのもあり

「どこか雰囲気を変えたい」

イメージチェンジしたい方も多い時期です。

8475848413_accfb55467_b

「いつもカラーだけしてるけど、今回はパーマもかけてみたい」

そういうケースはどうするのか見ていきます。

 

パーマとカラーは同じ日に一緒にできるの??

結論から言いますが

同日にできなくはないが、間隔を空けるのが好ましいかと。

同じ日に一緒にパーマとカラーをやるというのは、髪の毛に負担をかけます。

負担を考えると

先にパーマをかけて、パーマが定着してきた1週間~2週間後にカラーをするほうがベターと言えます。

4d86d8cfb48efb14c299c51b9af15a82_s

髪のことを考えると、パーマとカラーは少し間隔を空けた方が良い!

というのが小原の意見です。

 

でも、「同時にできなくない」ってことは、同時にやっても平気?

好ましいのは、パーマとカラーは別の日にやること

ですが

同日にパーマとカラーを一緒にすることは可能です。

7685ae1827e77540ffa4fa48a669eacc_s

最近の薬剤は日々進化していて、ダメージレスを追って日々研究されてると思いますし

実際に良くなっていると感じます。

  • 忙しくてどうしても時間がそこしか取れない人
  • 二度も近い感覚でサロンに行くのは大変

という方は多いかと思いますので

”もし同時に施術するならば、考えなければいけないこと”

をいくつか。(これは美容師側の考えもあるのですが)

4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s

まず、パーマとカラーのどちらを優先したいのかを考える。

パーマを持たせたいのか、カラーの色味をキレイに出したいのか・・・

先にパーマをやれば、パーマは取れやすくなるでしょうし

カラーを先にやれば、カラーの色味は抜けやすくなります。

 

基本的には

パーマ ⇒ カラー

でやることが多いです。

パーマよりもカラーの定着の方がとれやすい(薬剤の影響を受けやすい)と考えます。

ただ

「カラーの色味よりもパーマの持ちの方が大事」

なのであれば

カラー ⇒ パーマ

の手順でやるほうがいいですし、

根本のリタッチして、毛先は馴染ませるくらいであれば、この手順のほうがいいかもしれません。

03689d78d6ed07900bf22a69fb20f82a_s

 

人それぞれ毛の状態も違うので、こうしたほうがいいという明確な答えは出せませんが、

一つ言えることは同じ日に同時に施術するというのは、薬が良くなったとはいえ髪の毛に負担をかけることなので、家でのアフターケアを必ずしましょう。

ケアで気をつけること
  • 洗浄力の強すぎないパーマやカラー用のシャンプー
  • シャンプー後の洗い流すトリートメントを浸透させてあげる
  • ドライヤーの前の洗い流さないトリートメント
  • 雑に櫛を通さない
  • ドライヤーは根元の方から乾かし、毛先は乾かし過ぎない

といったところです。

日頃のケアがパーマの持ちやキレイなカール・ウェーブを出し、カラーの持ちを良くします。

もちろん、ツヤや指通りといったところも関係します。

8526182509_850de7b623_b

まとめ

同日に一緒にパーマとカラーできなくはないが、間隔を空けるのが好ましい。

先にパーマをかけて、パーマが定着してきた1週間~2週間後にカラーを。

もし同時に施術するならば、パーマとカラーのどちらを優先したいのかを考える。

ただ、同じ日にやるというのは、髪の毛に負担をかけることなので、家でのアフターケアを必ずする。

 

以上の事を踏まえて、素敵なヘアスタイルを創っていきましょう。

 

 

LINEでの予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。