【実体験】朝起きるのが苦手でも、スッと起きれる3つの方法

【実体験】朝起きるのが苦手でも、スッと起きれる3つの方法


朝起きるのが苦手…。

そんな方は少なくないと思います。

ただ

通勤時間が長くなった&朝の撮影が増えた(昔は夜やってた)

ので、一年前よりも朝起きるのが早くなりました。

20160627074553.jpg

少しでも朝の負担を減らそうと色々試した結果

たった3つのことを意識するだけで朝起きるときに目覚めよく、かつすんなり起きれるようになったので書いてみました。

 


 

1. 早く寝ること

7c1e42ccc1926814a24b5108de39dd0b_s

おいおい、当たり前のこと言わないでくれよ。笑

と総ツッコミ受けそうですが笑、やっぱりいつもより早く寝ると全然起きるときの負担が違います。

撮影などで、早く起きる時は5時半くらいに起きるんですが11時半とかに寝て「6時間睡眠」確保すると、やっぱり朝のつらさが緩和されます。

 

最低でも12時半には寝て、5時間は確保したいですね。

寝る時間、起きる時間を、規則正しくするとかなり楽です。

あとは、レム睡眠とノンレム睡眠の関係を考慮して6時間、7時間半など、その人に合った90分の倍数で決めて目覚まし時計をセットするのも良いです。

自分は6時間弱がちょうどいいみたいです。

 

2. 深酒しない

これまた当たり前ですが、お酒を飲むと眠りが浅くなり睡眠の質が低下します。

朝起きる時の負担もそうですが、翌日のダルさが出ます。

IMG_2931

飲まなくていいなら飲まない。飲んでも1、2杯。(※これはあくまで個人の見解です)

おいおい、お酒飲まない(飲めない)し、早めに寝ても起きるの苦手だよ

という方は次の方法が効果的なので、怒らず見てください。

 

3. 「起きなきゃ」ではなく「起きよう」

1&2で“当たり前のこと言うなよ…”と思った方、この方法が大切なんです。

この方法をネットでみてから、朝の負担が確実に減りました。

起きるのが苦手な人こそ

「あー、明日の朝も○○時に起きなきゃ」

と考える人が、話を聞いてると多いように感じます。

87c8465a47c5f48764d6307018c0b1e2_s

実はこの記事を書いてる朝も5時半起きだったのですが、前日帰宅時間が遅かった&やらなきゃいけないことがあったので、睡眠時間確保できなかったんですよね。

でも

「よし、明日は5:30に起きよう」

と思って寝た結果「設定した目覚ましの時間」よりも早く起きたんですよね。

20160627074605.jpg

普段仕事行く朝も、時間意識して寝ると、たいがい目覚ましより早く起きれます。

ポジティブシンキング。

「起きなければ」という強迫観念で自分にプレッシャーかけるよりも、「起きよう」と思うことで脳が働きかけるそうです。

これを

自己覚醒

というそうです。

寝る前に起きたい時間を意識することで、コルチゾールの分泌タイミングが調整され、徐々に血圧と血糖値を上げることができるそうです。

結構やる価値ありますよ。

うちのスタッフにこの方法教えたら「楽になった」と言ってました。

b9bd1d8018680c81062d720753ada996_s

あとは、カーテンを開けて寝て、朝起きて日光を浴びたりするのも目覚め良いですね。

簡単に書きましたが、悩んでいる方は試してみてはいかがでしょう?

 

 

LINEでの予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。