トリートメントをすることによる2つのメリット

トリートメントをすることによる2つのメリット


いきなりですが

髪の毛というのは肌と違い、自己修復能力がありません。

なので、ダメージしてしまった髪の毛は

トリートメントによって、失われた髪の水分や油分などを補う必要があります。

今回は、トリートメントをすることによる2つのメリットを紹介したいと思います。

①髪の状態を良い方向に持っていく

「コンディショナーはやってるけど、トリートメントはしてません」

という話を結構聞きます。

髪のダメージがない人はこれでもいいと思います。

ですが、カラーやパーマなどの薬剤による影響を受けたり

ヘアアイロンの熱・ドライヤーによる乾かし過ぎ・雑なブラッシング・紫外線の影響・・・

など、外的要因でダメージしてしまった方は要注意です。

コンディショナー(リンス)は表面に作用して、髪の手触りやツヤを一時的によくみせるもの

トリートメントは髪の内部に作用して、髪を正常な状態に近づけるもの

この違いを頭に入れておくといいと思います。

傷んでしまった髪をいい状態にしたければ、トリートメントをしなければいけない

ということです。

時間がある時にやってほしい集中ケアのやり方は下記を参照

自宅で簡単!正しいトリートメントの方法

②髪がダメージするのを防ぐ

トリートメントってダメージしてる人がするものでしょ?

って思う方は多いと思います。

個人の見解としては、間違いではないけど正解でもないかなと。

みなさんは、食事のあとに歯を磨きますよね?

あれって、虫歯にならないためだったり、歯槽膿漏にならないようにするための

予防

ですよね。

歯も毛髪と一緒で、自己修復能力がありません。

だから、予防のために歯を磨くんです。

予防という観点から、毛髪になにができるかということの一つに

トリートメント

が挙げられますね。


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。