【ヘアドネーションで寄付】31cm以上カットして、ロングからボブにバッサリイメチェン

 

三軒茶屋美容師の小原です。

先日のお客様。

30cm以上バッサリカット。

きっかけは

『ヘアドネーション(に寄付)したいから髪切ってください』

というお言葉。

ヘアドネーションとは・・・

以下、ホームページより抜粋。

「世界に1つだけ」という意味が込められた、人毛100%のウィッグです。
ドナーから贈られた髪を、病気や事故などで髪に悩みを抱えている方の笑顔のために、再生する活動です。

 素材として使用できる最短の長さは”12インチ(30.48㎝)”ですが、基本的にはどの様な髪でも受付けております(特に長いものを多く必要としています)。

ヘアドネーション
Japan Hair Donation & Charity | NPO法人 JHDAC|髪の毛を失った子ども達のための医療用ウィッグ制作・提供

http://jhdac.org/

以前にも

浦和のボブ×美髪美容師 小原孝則のBlog

ロングヘアをばっさり切りたい! ということで、代々木のWatering Holeのカズさんが初来店。 カットにあたり、素…

寄付のためにバッサリいかせてもらったのですが、今回も同様に。

Before

ここからわけます

切る用意ができました。

毛量にもよりますが、今回は4つにわけてカット。

濡れた髪はNGなので、乾いた状態でカットしていきます。(カビや雑菌の繁殖の原因になるので)

ちなみに髪を寄付するときの注意点が他にもあるのですが

  • 31cm以上の長さがあること
  • 輪ゴムでまとめて、同じ人の髪を人物ごとにまとめること
  • 引っ張っても切れない髪の毛であること

ということです。

4つの束を切り終え

ここから綺麗に整えます。

・・・

・・・

・・・

完成。

After

出ました、コハラボブ。

内巻きにしやすい楽チンボブスタイル。

えりあしはギリギリの前下がりベース。

少しのグラデーション(段差)がキモです。

切った4つの毛束は1束にまとめ

ビニール袋(ジップロック)に、毛束とヘアドナーシート(任意だがあると助かるとのこと)入れて

送ります

送り先は

Japan Hair Donation & Charity | NPO法人 JHDAC

病気や闘病の過程で髪を失った子ども達に、無償で医療用ウィッグを作成するのために髪を寄付するヘアドネーション。

これが少しでも役立ちますように!

ご要望あれば承りますので、下記LINE@から「友だち追加」して、そちらからご相談下さい。

 

小原ってどんな人?

自己紹介はコチラ

浦和のボブ×美髪美容師 小原孝則のBlog

はじめまして、こんにちは! 目次 0.1 Maison 浦和 の美容師0.2 小原孝則(コハラタカノリ)です。0.3 美…

 

小原のLINE【美容師アカウント】から、予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます。
03-3412-1769

美容室 モリオフロムロンドン 三軒茶屋の美容院 [MORIO FROM LONDON]

モリオフロムロンドン 三軒茶屋 [MORIO FROM LONDON ] (世田谷区/美容院・美容室・ヘアサロン)の詳細…

最新情報をチェックしよう!