コトバで伝えることの大切さ

「伝え方が9割」という本が、2013年ビジネス書ランキング1位(※紀伊國屋書店新宿本店調べ)となった

佐々木圭一さんの講演を先日聞けました。

コトバの力はとても偉大。

同じことを伝えるのでも、佐々木さんが考える伝え方(考え方)で、

相手に伝わりやすくなるし、捉え方も変わりますよ!というのが大きいテーマでした。

 

たとえば

意中の人をデートに誘う時に

「デートに行ってくれませんか?」

とストレートに誘うのも、純粋な気持ちが伝わって悪くはないですが、相手に気持ちがない場合断られてしまう可能性は高いですよね。

それを

「すごく美味しいパスタの店があるんだけど、一緒に行かない?」

と、誘い方を変えてみると、そんなに気持ちがない場合でも、

(えー、そんなに美味しい所あるなら行ってみようかな・・・)

となる可能性が高まりそうですね!

 

たとえば

家事をあまり手伝ってくれない旦那さんやお子さんに、少しでも手伝ってほしい時・・・

ストレートに

「ごみ出ししてきてくれない?」

と言ってみた場合

「俺も忙しいんだよ」

と面倒がられて、断られてしまうかもしれません。

それを

「ちょっと手伝ってほしんだけど、ごみ出しかお風呂掃除どっちがいい?」

と言ってみると、手伝ってくれる可能性が上がりそうですね!

大切なのは

自分の頭の中の考えを、そのままコトバにしないで

相手の頭の中を想像して考えること。

どう言われたら嬉しいのか

どう言われたら聞いてもらえるのか

 

 

家族・友人・恋人・職場の人・クライアント・・・。

人は自分の周りにそういってことを考えて相手に伝えてみると、円滑に関係が進むかもしれません。

「伝え方が9割」佐々木圭一著

最新情報をチェックしよう!