社会人としての心得を見直してみる

社会人としての心得を見直してみる


 

営業後に、新人二人とマナーの勉強会をしました。

自分自身しっかりと教育された覚えがないのですが、一社会としてとても大切なことなので

自分も見つめ直す意味でも勉強会という形で。

wpid-20150403082913.jpg

  • 身だしなみ
  • 挨拶
  • 姿勢・所作
  • 礼儀作法
  • 言葉遣いや敬語の使い方・見直し
  • 電話対応

基本的な当たり前のことを改めて。

wpid-20150403082207.jpg

学生から社会人になりたてで、バイト敬語などが抜け切れてなかったり、使い方を間違っていたり・・・

ということが、多く見受けられていたので、そこを改めて指摘。

お客様に対して
「かしこまりました」と言うべきところを
「わかりました」と言ってしまったり
粗相をしてしまった時にとっさに
「失礼しました(申し訳ございません)」を言えなかったり。

とっさの時に、言葉が出てくるか出てこないかは、意識と積み重ねによる習慣付けですかね。

敬語関しては、二人の間違いから、よくある例をみてみます。

よくある敬語の間違い

×商品はこちらでよろしかったでしょうか?
○商品はこちらでよろしいでしょうか?
⇒現在のことを過去形にするのは間違い。

×こちらが商品になります
○こちらが商品でございます。
⇒『なります』は、基本的には物が変化していく様子を表す言い方

×お名前の方は?
○お名前お伺いいたします。
⇒『方』というのは方角を表す言葉

×先生が先程そうおっしゃられました。
○先生が先程そうおっしゃいました。
⇒「おっしゃる」と「られる」の二重敬語になってしまっている。

 

簡単に例をあげましたが・・・

日本語って難しいですよね。

でも、そんな難しい言葉だからこそ、キレイに使いたいなと思ってます。

知ってて使わないのと、知らなくて使わないというのは大きな違い。

ただ、気をつけなければいけないのは

キレイな言葉を並べても気持ちがなかったら、相手にも伝わらないし、逆に気持ちを逆撫でしてしまう恐れもある

ということ。

なので、一番大事なのは心からの言葉を言えるようになること。

wpid-20150403082224.jpg

マニュアルというのは、最低限にあるべきもの。

そこから、“正解のない答え”を考えてお客様を喜ばせるのがサービスなんだなー

と、改めて考えさせられましたね。

偉そうにつらつらと書いてしまいましたが、自分もまだまだ至らぬ点が多いですから、日々勉強です。

新社会人として新たな扉を開いた方達と、自分への戒めも兼ねて。

 

LINEでの予約や相談はこちら
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちら03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。