なぜ美容師は【ちゃんとドライヤーで乾かせ】と言うのか

なぜ美容師は【ちゃんとドライヤーで乾かせ】と言うのか


 

突然ですが、貴方はシャンプーは夜にしますか?朝にしますか?

一日の汚れは、できればその日に落とすのが頭皮にとって良いです。
ただ、シャンプーをして、夜濡れたままの状態で寝るというのはとてもよくないです。

夜髪の毛が濡れたまま寝ると・・・

 

1.髪のダメージの原因に

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

髪は濡れた状態だと、髪の表面であるキューティクルが開いてしまう。

開いている状態でマクラとの摩擦が起こると、キューティクルが剥がれていく。

そうなると、髪の毛に必要な水分やたんぱく質が逃げ、髪質がパサパサになったり、切れ毛や枝毛の原因に。

 

2.フケやニオイの元に

ドライヤー

濡れたままでいると菌が繁殖してしまい、フケやニオイの元となりうる。

湿気が多いときは、特に注意。雑菌が大喜びして、不潔の原因に。
頭皮に残ってしまった皮脂や、過剰に分泌された皮脂が酸化してニオイの元凶に。
また、シャンプーやトリートメントやコンディショナーの成分が頭皮に残ると、フケの原因にも・・・。

すすぎが特に大事ということ!

ドライヤーをするのは面倒・・・と思ってやらない方!
しっかり乾かすことが1番の手入れであり、美髪への一歩!!

自然乾燥よりも・・・

実はドライヤーで乾かす方が髪や頭皮のためになるという事実。

自然乾燥は・・・

髪内部の水分の蒸発が早くなってしまう。(キューティクルが整うのまでに時間がかかるため)

3.アウトバストリートメントの必要性fotor_141536516406883髪質や湿気の有無などによって、オススメするモノは変わるので

担当してる美容師さんに聞いてみるのが一番かなと。

ドライヤーで乾かすことで、髪に必要な水分を閉じ込めたまま乾かすことが可能。

ドライヤーは傷む、と思う人が多いかもしれませんが、傷むようであれば使い方に問題があるのかも。

乾かし過ぎる

というのが、問題点。

やり過ぎは禁物なのです。

まず、最初に気を付けて欲しいのが“タオルドライ”

地肌の水分をマッサージする感覚でしっかりとふき、毛先はタオルで髪の毛を挟むようにして、水分を取ります。※こすり過ぎると傷みの原因になるのでご注意を!!(濡れてる状態はキューティクルが開いている)

タオルドライで、水分を多く吸収できれば、ドライヤーの時間短縮にもつながりますよ!

 

4.ドライヤーのポイント

e42766a8ba7f2268abdf9c3377403a0f_s

ドライヤーは・・・15cmくらい髪の毛から離して、根元から乾かしていきます。

・熱が一か所に集中しないようにするのもポイント。
・根元を乾かすうちに毛先も乾いていきます。
・ドライヤーは上下左右に動かして、同じところに風が当たりすぎないようにしましょう。

カラーやパーマ。コテなどのアイロンを使っていると、毛先の方が水分が少なく乾きやすくなっています。その状態で毛先を乾かし過ぎると、ますますダメージが進行してしまいますよ!(オーバードライ)

長くなりましたが、以上のことを踏まえてやると効果的です)^o^(

キレイな髪作っていきましょう!!

 

LINEでの予約や相談はこちら
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちら03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

 

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。