人生で、三本の指に入るくらいダメなものを食べたのちに感じたこと。

 

仕事帰り。

サクッとMORIOの近所にあるpigalleに。

fotor_141960229661387

※参照【三軒茶屋のParis】Pigalle(ピガール) | Takanori Kohara

https://takanori-kohara.tokyo/archives/1490

いつも通り美味すぃービールを飲んでいたら

wpid-20150903083257.jpg

とある北欧のお菓子?をいただきました

食べる前から

「これ、僕はダメですね」

と店主のヒデさん。

まわりにいる皆さんが先に食べ

「美味しくはないけど、ダメではない」

そう言うものだから、食べたら

wpid-20150903094435.jpg

正直ダメでした。

 

人生で五本の指、いや三本の指に入るレベルかも(都こんぶ・生オリーブと同じく圧倒的にダメ)

ビールの味も全く入ってきません。これを書きながら帰る道中も正直ちと残ってる。笑
北欧の方はこれを、タッパーに入れてまで持ち歩いて食べるそうです。

絶対的に味覚が違う。

でも、視点を変えれば、日本人が納豆とか梅干しとか平気で食べてるのを外国人が

「why?」

と思うのと一緒なんだなと。

別にこのお菓子(?)をディスるつもりとかは毛頭ないんです。

ただ、

価値観

って大事だなーと思ったので、記しておきたかったんですよね。味覚の違いだろってのが置いといて

こんな所で考えされられました。

ヘアを作るのも価値観って大切。

自分の価値観。

お客様の価値観。

擦り合わせは大事。

でも、根本的なものって変えづらいですよね。

その中でなにができるのか。

またモノの見方を改めていけるきっかけでした。

 

ヒデさん&チエさんありがとうございました!笑

最新情報をチェックしよう!