【子供の頃の夢】忍者になるために修行してきた。

忍者の森

三重県名張市にそんな場所があるのをご存知だろうか。

 

遡ること十数年前…

木を登ることを得意とし、時に家の屋根に上がったり、屋根裏に入ったり

あるときは蜘蛛のように壁を張って上り、アスレチックパークを凄まじいスピードで攻略する、猿のように身軽だった少年がいたそうな。

「忍者みたいだ」

「君は忍者になったほうがいいよ」

そう友達に太鼓判を押されることも少なくなっかった彼。

その彼も、齢二十八。

彼が忍者の森の存在を知ったことは、正に青天の霹靂であった。

「もし本当に自分が忍者に向いているならば、美容師を辞めて忍者になったほうがいいのでは」

幼少期に称賛されていた残像が今も残っていたのか、彼はその決意を胸に忍者修行へ向かうのであった。

これは、体力の陰りを感じているアラサー男性美容師が、不退転の覚悟で忍者修行に臨み、自己の人間的成長を図ったドキュメンタリーである。


 

三重県名張市・忍者の森

どうも、小原です。

子供の頃に“忍者になりたい”という夢を持っていて、このたびその夢を遂に叶える時がきました。

忍者の森に着きました。

早速、忍者装束に着替えます。

高まる高揚感…

のはずでしたが

このスニーカーとのミスマッチ感たるや。

これはいただけません。

靴も借りることに、。

だいぶ忍者に近づいた気がします。

後に気付いたのですが、靴選びかなり大事です。でも、せっかく形から入ったのに、冴えない陶芸家にしか見えないと言われる始末


忍者の森に向かいます。

この坂道で修行前から疲労してた情けなさ

修行がはじまります

敵城に入る訓練

俊敏な動きが求められます。

吹き矢を放ったりもしました。

実際は吹き矢の先に毒を塗るそうです。

最後は手裏剣の修行。

「はずせば死ぬだけ」

決死の覚悟の訓練でした。

…厳しく険しい修行の過程を終え、伊賀忍者修行の証書をいただきました。

なぜか代表として、みんなの前で証書を貰うことに。

数多の修行を経て、少し逞しくなったでしょうか。

心なしか顔に自信が見られます。

でなければこんなドヤ顔はできません。

晴れて『伊賀忍者 中忍』の誕生です。

結論

厳しい修行をしたものの、自分は忍者としてやっていける自信、家庭を養っていく覚悟が持てませんでした。

また明日から美容師として鍛錬を積み頑張っていこう、そう誓ったのでした。

この忍者の森での修行経験は、少しでも人生の糧にできたらと思います。

というわけで、今後とも美容師の小原孝則を宜しくお願い申し上げます。

黒歴史確定の記事になりそうです

最新情報をチェックしよう!