美容師1年目のカラーモデルからの撮影は練習会初の試み。

12月も半分過ぎました。

2015年最後の月楽しんでますか?

社会人になって、今年ほど忘年会をしなくなった年は初めてかもしれません。

どうも、小原です。

今日は営業後の話を。

1年目・ヤマダ&ハシモト(写真は金髪時代ですね)

wpid-20150929051437.jpg

今日の練習会は初の試み。

彼らは、営業後にカラーモデル頼んで、日々練習させていただいてるんですが

今回はカラー⇒ブロー⇒最後のスタイリングで仕上げ⇒最後にカメラで撮影

までやってもらうという練習を。(まだカットは練習してないので今回はなしです)

20151216073627.jpg

営業後の風景

20151216073654.jpg

カラー塗布中

20151216073816.jpg

カラー塗布が終わり、ブロー。

からの撮影。

作る側はクオリティを求めて欲しいですが、今日の時点でこちら側からはそれを求めませんでした。

それよりも、今日の練習に望む姿勢を見ました。

自分の創りたいイメージからモデル選び、練習の準備、メイク、衣装…

最初にできないのは当たり前ですが、そういう心構えを次からは持って欲しいなと。

こんな感じでした。

なぜ1年目の二人にこんなことをさせるのか・・・

普通、美容師のカリキュラム(教育)は段階を踏んでステップアップしてやるのが一般的なのですが・・・

こうやって人の頭で最初から最後まで一貫してやる方が効率的だと思うし

『スタイリストだから撮影する』とかに捉われてほしくないし

何より人と接する美容の楽しさを感じてほしいので。

 

ウィッグ(人形)と人頭では学びの大きさが全く違うと思います。

もちろん日頃のウィッグ練習など、基本あっての試みなのですが。

定期的にやっていきたいと思います。

次は手直しして、撮影までできる時間がありますように

 

LINEでの予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!