仕事しているその姿、下から見られていますか?

仕事しているその姿、下から見られていますか?


どうも、小原です。

タイトルを勘違いして読み取ると怖い感じになりますが、今回は割と真面目な話をしようと思います。


営業後。

カラーモデルに励むヤマダ氏。

奥でパーマを巻く練習(ワインディング)をしているタニタがチラっと。(ハシモトは公休)

自分でカラーのレシピを考え、自分で全て塗布し、自分で最後まで仕上げる。

こうして、いつかくるデビューに向けて励んでいく。

モデルさんとウィッグ(人形)は全然違いますからね。

今回、ヤマダのカラーモデルの一連の流れを見させてもらいました。

before

図々しくも撮らせてもらいます。

2ヶ月前のカラーの退色があり、かなり黄色くなっている状態。

そこからカウンセリングしカラー塗布。

すべてヤマダ一人でやります。

最近、カラー塗布のスピードを意識させたことで劇的に良くなったヤマダ。

モデルさんにも

「早くなりましたね」

と言われていたので、良い傾向です。

気付いたと思いますが、カラーのシャンプーの色。

すごい青みですよね。

そう、この強烈な青を使ったカラー。

カラー剤塗布の時に気付いたのですが

小原のよく使うカラーレシピからインスパイアされた(というかほぼそのレシピだったかな笑)カラーの配合をしてたんですね。

ブログ読者なら知っていると思いますが

「なんちゃらアッシュ」とか「なんちゃらグレージュ」とか小原がよくブログ上げてるやつです。

そんなヤマダカラーの仕上がりがコチラ

After

 

これまた図々しく小原も撮らせてもらいました。

うん、いい色ですよね。

外国人風カラー的な。

これって、普段の仕事から小原メソッドを、自分なりに噛み砕いて吸収しているからこそできたんだなぁと。

正直、嬉しかったです。

もちろん、これまでカラー以外にも色々な技術を教えてきましたが

「自分の力で考える」

と、いざその場面になったときの引き出しとして、先輩の技術を素直にやってもみようという姿勢。

とても大切だなと。

でも書きましたが、まずは真似てみること。

「守・破・離」

という自分の中でも大事にしてる言葉がありますが

まずは、上手い人の真似だったり、エッセンスを取り入れること。

これが「守」です。

そこから自分なりの色を作っていく作業をしていく。

その糧に自分はなっているのだと。

やはり、下は良くも悪くも上を見ます。

以前も同じようなこと書きましたが

良い見本になれているのか?良い背中見せれてるか?

仕事を見られなくなったら、間違いなく自分を省みなければいけないんだろう。

日々、自分を見つめ直さなければ

とまた改めて思わせてくれました。

ありがたいことです。

自分ももっと吸収していく姿勢でやっていきますよ。

 

LINEでの予約や相談はこちらから気軽にどうぞ^^
友だち追加数

東京・三軒茶屋でやってます!
予約はこちらからも承ってます03-3412-1769

ブログを見て連絡くださったご新規の方は
お会計から20%OFFさせていただきます。

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。