カットはハサミだけではできない


先日、ハサミ(シザー)を研磨に出した件を書きましたが

美容師とハサミ
今回はカットについてちょっと書いてみます。世の多くの人が美容室や理容室に行って、カットをしてもらってると思います。そして、そのカットの最中に美容師や理容師(以下、理容師は割愛)がカットしてるのを、鏡で少しは見たことないですか?

思い出してみると、右手のハサミだけ動かしてる美容師なんていないですよね。

「美容師のカットをまじまじと見たことないよ」

なーんて人も多くいると思うので、どうやって切ってるかを簡単に説明してみます。

まず、カットをしやすくするための準備としてブロッキング(髪の束をいくつかに分割する)というものをします。
(やらない人もいるかもしれない…)

そして、分けとった髪の束をコーム(クシ)で梳(と)かす。
これをコーミングと業界では言います。
これは大体利き手で。
(自分は右利きなんで、それを前提に話を進めます)

その梳かした毛束を、左手の人差し指と中指で引き出す。
カットするとき、左手で切る髪の毛束を持ってますよね。
これをシェーピングと言います。

この

コーミング

シェーピング

というのが、実はカットにおいてとても大事なわけなんですな。

毛束を梳かす右手。
その毛束を綺麗に揃える左手。

その準備があって、初めてカットの開閉があるわけです。

その上で切れるハサミがあるとより良い。

コーミング→シェーピング→カット

この作業の繰り返しでヘアスタイルが作られる。

もちろん、デザインというのがあるわけだが、それはまた別の機会にでも。

まぁ、偉そうに書いたけれど、自分もまだまだカットというものを極めてるわけではないので、もっと鍛錬しなければいけないわけです。

日頃の積み重ね。
自分に言い聞かせて、また励んでいきます。

Related Post


The following two tabs change content below.
美髪を叶える髪質改善ケア&上質ヘアカラー ヘアケアマイスターの資格を活かし、美髪に導く髪質改善は、その人の状態に合ったヘアケア・トリートメントにこだわります。女性らしさと、思わず触りたくなる品のある髪に。また、暗めだけど透明感ある上質カラーは特に予約が多数。ネイビーアッシュやグレーアッシュなど、赤みが苦手な方へのカラーが好評です。